日本では非常に多くの方に使用されているインフルエンザ治療薬のタミフルですが、それのメリットデメリットはご存知ですか?タミフルの正しい服用方法、注意点などについて当サイトではまとめていきます。

  • ホーム
  • タミフルと乳児と処方薬のこと

タミフルと乳児と処方薬のこと

鼻をかんでいる女性

一時期、タミフルを飲んだ方が、急激に意識を失う、または急にベランダから飛び降りようとしてしまうなどの行動が見られたことがありました。

このようなことをされた方の場合、幻覚などを見たとして、タミフルの強い影響力がニュースで報道された時期がありました。

タミフルはインフルエンザなどに効果があるとされており、そのため、このような処方薬が出されたことが経緯にあるのですが、上記のような事件、報道があったため、乳児、まだ小さなお子さんや赤ちゃんなどにはこのようなタミフルは出さないように、医学の世界では注意喚起が呼びかけられるようになりました。
また、同時に、お子さんを持つお母さん方も、このようなタミフルが出されていないかを、医師の先生や小児科の先生などに確認することなどがあり、乳児には、大きな作用が出てしまい、強すぎるということで、多くの病院では、このようなタミフルを乳児には出さない傾向にある、とされています。

タミフルについては、処方薬として出される場合には、あまりにも強い効果があるとされ、インフルエンザなどの強い細菌などを殺してくれる作用があることから、一時期には、大変に注目されていた処方薬であったのですが、このような経緯、幻覚が見えてしまったという方々がおられたことなどから、政府などでも問題になり、こうした背景から、特に小さなお子さんへは、処方をする際には、かなりの注意が求められる薬の一つとなっています。

幻覚については、アルコール依存などになってしまうと、恐ろしい幻覚をみる他、また薬の多量摂取と言われる、所謂カゼ薬などを大量に飲むと、ふわふわとした気持ちから、タミフルと同じような、それよりも気持ちの良い幻覚が見えてしまうと言われており、これらも医学界では、注意喚起が呼びかけられています。

関連記事