日本では非常に多くの方に使用されているインフルエンザ治療薬のタミフルですが、それのメリットデメリットはご存知ですか?タミフルの正しい服用方法、注意点などについて当サイトではまとめていきます。

  • ホーム
  • タミフルと自然治癒力を高めるプラズマ乳酸菌の効果

タミフルと自然治癒力を高めるプラズマ乳酸菌の効果

インフルエンザウイルスは、偏性細胞内寄生性ウイルスなのでタンパク質やポリペプチドの加水分解酵素であるプロテアーゼにより活性化され、感染力を獲得し、ヘマグルチニンのシアル酸と吸着する作用により粘膜上皮細胞のシアル酸受容体と結合し細胞内で増殖し、増殖されたウイルスが無数に宿主細胞表面のシアル酸受容体に繋留され形になります。
タミフルは、シアル酸受容体を断ち切るノイラミニダーゼの働きを妨げる事でウイルスの遊離を阻害し、ウイルスの増殖を抑制する事で解熱時間の1日程度の短縮や症状の悪化、症状の重症化を防ぐ効果が期待出来ます。
しかし、タミフルは、ウイルスの増殖が最大となる発症後48時間以内に服用する必要があります。
人間の身体は、インフルエンザウイルスなどの侵入に対して哺乳類の血中にある免疫細胞の一種であるプラズマサイトイド樹状細胞pDCが活性化し、ウイルスやガン細胞の増殖を抑制するインターフェロンIFN-αを放出する感染防御システムがあり、発症後48時間には体内で免疫が形成されウイルスが徐々に減少し7日~10日で自然治癒します。
プラズマ乳酸菌は、外来性と内因性の区別無く異物を抗原と認識する免疫応答性を高めるだけでは無く、プラズマサイトイド樹状細胞を活性化する効果によりインターフェロンαの放出を促進し、より短時間で免疫力をアップし自然治癒力を高めます。
又、プラズマサイトイド樹状細胞を活性化する事でpDCが活動を行うことで連鎖的にこれらの細胞も活動を行うので、白血球内のリンパに存在するB細胞やキラーT細胞、NK細胞の4種類の免疫細胞を連鎖的に活性化する効果もあります。
プラズマ乳酸菌は、インフルエンザなどのウイルス感染症に対して予防効果を含め非常に有効とされています。

関連記事