日本では非常に多くの方に使用されているインフルエンザ治療薬のタミフルですが、それのメリットデメリットはご存知ですか?タミフルの正しい服用方法、注意点などについて当サイトではまとめていきます。

  • ホーム
  • 冬に多い葬式の原因とインフルエンザにはタミフル

冬に多い葬式の原因とインフルエンザにはタミフル

鼻をかんでいる女性

日本では冬になると葬式の件数が一気に増えると言われています。
それは冬になると死亡する人が多くなるためです。
なぜ冬になると死者が増えるかというと、日本の気候風土に原因があると言えます。
日本の冬は寒さが厳しく、地域によってが摂氏零度を下回ります。
すると人の体は冷え切り、血液循環が悪くなり体温も低下します。
体温の低下は様々な臓器に悪影響をもたらします。
特に胃腸は免疫をつかさどる臓器で、体温低下とともに免疫力も低下します。
すると持病のある人は、病気が悪化の一途をたどります。
また健康体の人でも抵抗力が落ちて様々な感染症の感染リスクが高まります。
そのため冬には多くの人々の体が弱る傾向になり、死者も他の季節よりも増えることになります。
特に冬場、高熱に見舞われた場合は、多くの人にインフルエンザ感染の疑いがありあす。
40度を超す高熱や激しい関節痛に頭痛がある場合はインフルエンザ感染の疑いが極めて高いと言えます。
特に持病のある人はその病気が重篤になる可能性があります。
また子供や高齢者が感染すると肺炎、脳症など併発する可能性があり非常に危険です。
そのため少しでもインフルエンザ感染の疑いがある場合にはすぐさま医療機関を受診することが大事です。
医療機関に行くと、鼻の粘膜を採取しそれによって検査が行われます。
陽性であれば、タミフルと言うインフルエンザの増殖を抑える治療薬が処方されます。
肺でのウイルスの増殖が食い止められると次第に高熱がとれ関節痛なども緩和していきます。
しかしタミフルは錠剤であり飲みこみにくく、高齢者や子供の場合は飲み辛い場合があります。
そのためリレンザなど粉末薬に変えてもらい治療をすると良いと言えます。

関連記事